スーパーマーケット

ヤックス

「エブリデイ・ロープライス」を基本に新しいスーパーマーケットを構築

<ヤックス>は、現在、21世紀、新たなスーパーマーケットの構築をめざしています。それは、私たち<ヤックス>を、お客さまがお選びくださる基準となる"真の価値の創造"です。めまぐるしいライフスタイルの変化とともに、食生活も新たな段階を迎えつつありますが、その食材の提供者として、これから<ヤックス>は、「エブリデイ・ロープライス」を基本としながらも、さらに踏み込んで、日々、どのような食材を、いかにしてお客さまにお届けするか、という新たな課題への挑戦を開始しました。

例えば、その日のうちにとれた新鮮な野菜や魚介、あるいは地方市場から直送し、販売する画期的なシステムも、その一つです。また店舗規模の拡大、スクラップ&ビルドによる店舗展開なども、新たな企業戦略としてあります。当然、そこで働くスタッフの役割や使命も、大きなものになります。売場パートナーの活用からPOSデータに基づく販売管理、利益コントロールなど、重要なポストが与えられています。
<ヤックス>は、これからも、お客さまに満足いただける食材の提供者、クリエイターとして、21世紀の食生活をみつめ続けてまいります。